楽団清澄とその仲間たち


昔から教会のバンドでアコースティックギターやベースを弾いています。
結婚してこどもができてからは夫婦+奥さんの妹一家と、
「楽団清澄とその仲間たち」という名前で年に1回、演奏しています。



2012年のファミリーコンサート

モヒカンのびのび頭のタモツがボーカルです。
讃美歌 とうときいずみあり


聴衆の皆さんが笑っていた最後の画像はこれでした。




2011年のファミリーコンサート




母親姉妹による「ちょんまげパラダイス」 ピアノ連弾



ときどき、いとこのトータによるサックスも入ります




長渕剛の卒業を歌うこともあります



幼稚園と小学生のときからやってます



春のイメージでピンクにしてみました。
ユーミンの「春よ 来い」を演奏しています。



このときは、ベーシストに大学生のお兄さん助っ人を借りました。







マコトは実はドラムがうまいです。

江東区文化センターに一年間通って、ジャズドラム大御所の猪俣先生と
そのお弟子さんにドラムの基礎を習いました。
そういうのって、学校では誰も知らないことです。



いつもはアオイさんが弾くキーボードにユタカが挑戦しています。



さらにピアノまでやってみました。
我が家はピアノを習わせているような上流階級ではありません、
単なる気まぐれです。
早く誰かギターを覚えてほしいと父は思っています。



タモツ生まれたばかりの頃

この頃はマコトが熱唱していました。


トップへ
トップへ
戻る
戻る